法人部の2012年までの活動をご紹介いたします。

■■■ 企業、個人としての震災対策 ■■■
平成24年11月19日に(株)国際危機管理機構
代表取締役 金重 凱之先生をお招きし、
「企業、個人としての震災対策」講演会(研修会)
ホテルJALシティ四谷にて開催いたしました。
当日は46名ものご出席を頂き充実した講演でした。
法人部以外でも四谷消防署長、同予防課長や
四谷防火防災協会長、
また新宿区新聞等報道関係の方にもご出席いただきました。

 

 

●このページの先頭に戻る


■■■ 平成24年法人部総会 2012年5月16日 ■■■
平成24年第21回定期総会を四谷クラブで開催いたしました。
当日は18社26名の出席で滞りなく終了し、
総会終了後は厳かに懇親会を行い
異業種間の情報交換の場として大いに盛り上がりました。

●このページの先頭に戻る

■■■ 太陽光発電とワイン工場見学研修会 ■■■
平成24年3月17日(土)に山梨県北杜市にある
メガソーラー・太陽光発電所と
石和温泉にあるワイン工場に
大型バスで日帰り見学に行ってきました。
総勢31名で四谷を出発し、
太陽光発電所〜昼食(そば切りいしやま御膳)〜
異次元ワールド「ドリモ」〜
モンデ酒造工場見学&ワインセミナー〜
漬物土産センターと
有意義な1日研修会でした。

太陽光発電とワイン工場見学研修会

一時停止

再生

●このページの先頭に戻る

■■■ NPO被災地支援ツアーに行ってきました ■■■
被災地見学には賛否両論ありますが、今後私達企業自身の防災計画、
防災への対応をどのように考えたら良いか、
まずは現地を訪ね自分の目で現実を見て、
現地の方のお考えを聞くために
NPO主催の被災地支援ツアーに行ってきました。
平成23年7月2日-3日の1泊2日で総勢36名の参加者で
四谷区民センターを大型バスで出発し約5時間かけて
宮城県仙台地区に参りました。
現地のいたる所で大震災から約110日経っているにも拘らず、
瓦礫の山、松の木、自動車、船舶等々が散乱し、
住宅の基礎だけが残って建物が何も無い等々の
衝撃的な光景ばかりでした。
現地で合流した現地NPOの方も
ご自身が被災者であるにも拘らず、
体験談や災害に対する考え等を皆の前で発表して頂き、
本当に考えさせられた、また有意義な2日間でした。
被災地の一部を下記に写真と動画で掲載いたします。
この様子を御覧になって、皆さまなにかを感じとって下さい。

がんばろう! 日本
がんばろう! 東北


NPO被災地支援ツアーに行ってきました

一時停止

再生

一時停止

再生

●このページの先頭に戻る

下2つの動画には音声も含まれております。
両方を同時に再生すると音声も同時に流れてしまいます。

●このページの先頭に戻る

■■■ 東日本大震災被災者に義援金 2011年5月30日 ■■■
5月30日に世話人3名が中山弘子新宿区長を訪ねて、
大震災被災者への義援金として現金100万円を贈りました。
義援金は日本赤十字社を通じて現地に贈られるそうです。
区長は法人部全員に対して感謝の意を表しました。

写真左より野澤世話人、小地沢世話人(代表代理)、廣瀬世話人、中山区長


●このページの先頭に戻る

■■■ 平成23年法人部総会 2011年5月20日 ■■■
平成23年第20回定期総会を四谷クラブで開催いたしました。
当日は18社23名の出席で滞りなく終了し、
今年度の事業として、東日本大震災の被災者に
義援金100万円を贈る事に決定しました。
総会終了後は厳かに食事会を行い
異業種間の情報交換の場として大いに盛り上がりました。

●このページの先頭に戻る

■■■ 電気&羽田空港研修会 2011年3月5日 ■■■
大型はとバスにて日帰りバスツアー研修会を開催しました。
今回は「電気と社会」、「都市の交通と電気」をテーマの「電気の史料館」と
今、TV、新聞等のニュースで話題になっている、
「羽田空港新国際線旅客ターミナル」及び
「JAL機体整備工場」を総勢34名で見学・研修しました。
整備工場の写真は残念ながら掲載できませんが、
史料館と旅客ターミナルの写真を掲載します。

電気&羽田空港研修会

一時停止

再生

整備工場(格納庫)から見た離陸の瞬間(太陽を通り抜けます)

●このページの先頭に戻る